【ヒキコモラー流省エネ防寒計画2】mofua エクストラダウン 掛け布団 1.5kgのハイテク繊維は何度まで寒さを防げるか

ひ004.png

昨年10月に掛け布団を買いました。どれくらいの温度まで寒さに耐えられるか試したかったので2月あたりに記事投稿するつもりでしたが、現在、過去最強クラスの寒波が来ているので記事を書くことにしました。

商品はmofuaの掛け布団ですが、ナイスデイと収納宅配館という楽天ショップの企画商品で、先程在庫確認しましたが既に完売でした。同等品が販売されていますが、どうも中綿重量が0.1kg少ないようです。同じ商品が手に入らないためお役に立つ記事ではないことを先にお詫びします。


因みに購入したのはダークブルーとライトブルーのオリジナルカラー商品です。



現在4.3度・湿度75%ですが、ホットカーペットとの併用ならこの布団でも何とか凌げます。10度前後ならホットカーペットを使わないことが多く、使用しても5分程度。現在の温度だと30分~1時間使用後OFFで丁度良い感じです。

更に寒くなる地域にお住まいの方は、この掛け布団一枚で寒さを凌ぐのは無理でしょう。商品説明では羽毛布団より優れているように書かれています。なるほど羽毛を模倣したエクストラダウンという化学繊維なので温熱効果は高そうです。しかし中綿全体の50%しか含まれていませんし、内容量そのものが少なければやはり寒いので、毛布を追加するか、1.5kg以上の商品を選ぶか、素直に羽毛布団の購入を薦めます。

羽毛布団よりもエクストラダウンが秀でているところはアレルギーリスクの低さとメンテナンス性だと思われます。アレルギーの心配がある方は選択肢として悪くありません。尤も、良質な羽毛布団は洗浄や加工をしっかりしているのでアレルギーの原因とは考えにくいのですが。

この布団のマイナスポイントは紙のようにゴワゴワガサガサするところ。これは3ヶ月経過した今でもあまり変わりません。私は最初から布団カバーを使用するつもりだったのでそこまで気になりませんが、カバーをしてもゴワゴワガサガサが不快になる人はいると思うのでその点は注意してください。

私が購入した布団カバーをご紹介しておきます。Amazonや楽天で探した中では最安値のマイクロファイバー製布団カバーです。

悪い評価も見受けられますが、これだけ安ければどこかが悪くて当たり前でしょう。安物を買っておいて徹底的にこき下ろす神経が分かりません。

ただ、枕カバーと敷きパッドも一緒に買いましたが敷きパッドは横から見るとマットレスが丸出しになるのでルックス的にあまりオススメできません。同素材のボックスシーツの方が良いと思います。






ランキング参加中 省エネ防寒したい人はクリック!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ

この記事へのコメント

イラネッチケーでNHKをぶっ壊す