【RyzenPCレビュー8】CORSAIR DOMINATOR PLATINUMを追加して8GB×4=32GB化

ひ004.png


サイコム Radiant GZ2600X370A AMD Ryzenモデル(GZシリーズ)に現在CORSAIR DOMINATOR PLATINUM CMD16GX4M2B3000C15を載せていますが、そのメモリを購入した時より14,000円程価格が下がったので追加しました。

●CORSAIR DOMINATOR PLATINUM CMD16GX4M2B3000C15
16GB(8GB×2)PC4-24000 (DDR4-3000MHz)
恐らくSamsung B-Die Ver4.31
シングルランク




今回届いたのはVer4.31。
CMD16GX4M2B3000C15-Ver4.31-001.jpg

CMD16GX4M2B3000C15-Ver4.31-002.jpg

CMD16GX4M2B3000C15-Ver4.31-003.jpg


外国のサイトやCPU-Zを見るとどうやらSamsung B-Dieのようです。
spd-slot1.jpg

spd-slot2.jpg


懸念材料は既に載せいてるいるメモリのチップVer5.39(Hynix)との相性及び搭載枚数増加による安定度低下です。
spd-slot3.jpg

spd-slot4.jpg


同じメモリ容量でも8GB×4よりも16GB×2の方が安定すると言われています。メモリ枚数が増えるほど足並みを揃えるのが難しくなるのがその理由で、二人三脚よりも四人五脚の方が走りにくいからと例えられたりもしています。

今まで1.35vで使用してきたので、とりあえずそのままで電源を入れましたが起動しませんでした。次に電圧をAutoに設定。あっさり起動してくれました。
CMD16GX4M2B3000C15-Ver4.31-004.jpg



メモリ容量が倍になったことで若干レンスポンスが良くなりました。これまでのメモリ容量でも十分だったのですが、常駐させているアプリや少し負担のかかる作業が増えたのでやはり増設して正解でした。

Ver5.39(Hynix)とVer4.31(Samsung)の相性問題は今後の経過を見て判断します。現時点では安定しています。


関連記事






【使用マシン】
サイコム Radiant GZ2600X370A AMD Ryzenモデル(GZシリーズ)

【現在の構成パーツ・周辺機器】
●CPU


●マザーボード


●メモリ


●グラフィックボード


●電源


●SSD


●HDD1


●HDD2


●モニター


●モニターアーム


●光学ドライブ


●マウス


●キーボード



ランキング参加中 メモリが欲しくなった人はクリック!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ

この記事へのコメント