過保護放任の悲劇

私はよく家庭問題について相談を受けます。 それを通じて思うのが子供の進路に金銭的な援助はするものの、将来についての話し合いや提案をあまりしない親の存在です。 過保護放任とでも言うべきでしょうか。今から振り返れば私の両親がこの過保護放任でした。 欲しいものは大体買ってくれる。学費の掛かる学校に行きたいと言えば行かせてくれる。ですが、その進路について深く話したことは一度もありま…

続きを読む

N高等学校の難しさ…若いうちは管理されるほうが良い

N高には疑問を持っています。 知り合いのお子さんが中学3年の途中から不登校になりN高に入学しました。しかし留年しそうになり結局退学を決めたそうなのですが、その話を聞く以前から私はN高に対して懐疑的でした。懐疑的というよりも未成熟な学校と言ったほうが正しいかも知れません。 今はヒキコモラーとして生きている私ですが、高校は皆勤でした。別に努めてそうしたわけではなく、友達と毎日自転車通…

続きを読む

イラネッチケーでNHKをぶっ壊す